2017.11.13 Monday

お墓参りする時期は年に4〜5回

0

    お墓が建てられるようになったのは約400年前まで遡るといわれており、その頃に誰もがお寺の壇家になるように決められた寺請制度があり、今までは天皇など貴族のような上の階級の人のみがお墓を建てることができたのですが、この制度以降、一般人でもお墓をたてる慣習ができたと言われています

     

    お墓参りは特に決まった時期に行うわけではなく、そもそもいつ行っても問題はないのですが、一般的な慣習としての時期がだいたい決まっており、命日、お盆、そして春と秋と年に2回あるお彼岸のシーズンに行うことになっています

     

     

    お盆はだいたい8月の13日から16日までの期間の事をさし、ご先祖様に感謝してお墓参りを行い霊を迎え入れるのですが、ご先祖様が道に迷わずに帰ってこられるようにと迎え火を炊くのが本来の儀式です
    現在ではあまり行われている所も少なくなってきましたが、あの有名な京都の大文字焼きもこの送り火の1つです
    そして16日にはご先祖様をお送りする為に送り火を炊きます
    あの盆踊りももともとはこういった宗教的な意味合いがあり、ご先祖様と供養し、送り出す為の行事として行われてきました

     

     

    お彼岸は春分の日と秋分の日、それぞれの日とその前後3日間ずつの期間を指します
    お彼岸のルーツは「到彼岸」という言葉が由来しており、この期間7日間の間に修業を行い、修行を終えた人だけが仏様のいらっしゃる川の向こう岸へと行くことができるという意味からこの名前がつけられています
    この期間にお墓参りへいき、ご先祖様へ感謝の気持ちを伝える気持ちを伝えるのですが、お彼岸とされている時期は太陽が真東から真西にへと移動する時期であることからご先祖様へ気持ちが一番通じやすいと言い伝えられ、ご先祖様と交流ができる日とされ、いまに至ります
    お彼岸というとおはぎ(ぼた餅)を連想される方もいらっしゃると思いますが、これもお彼岸の中日にお供えしたり、親戚・ご近所などに配ったりすることが風習となっています

     

    またこれらのタイミングとまた別に、年末にお墓参りをする方も多く、新年を迎える前にお墓も自宅のようにきちんと掃除をしっかり行う目的で行くことがほとんどです
    こちらに関しては特に日程なども決まっておらず、慌ただしい大晦日を避けて早めに行ったり、あるいは年があけてからの正月の帰省に合わせてお墓参りをする方もいらっしゃいます

     


    1年に4、5回とあるお墓参りすべき時期
    しかしこれら全てを毎年行う為には、なかなか条件的に厳しいという方もいらっしゃると思います
    それぞれのお墓参りの時期がそれぞれ重要な意味をもっていますから、墓前で手を合わせられないのはやはりどこか心残りになります
    その為、現代ではお墓参り代行というサービスが一般的になってきています

    後ろめたい気持ちでいらっしゃる方は、ぜひ一度相談してみてください

    2017.11.08 Wednesday

    お墓参り代行サービスの需要増とその実態

    0

      日本に古くから残る慣習にお墓参りがあります


      ご先祖様が眠るお墓を定期的に訪れ、供養を行う慣習であり、1年の間でもお盆とお彼岸、そしてご先祖の命日などには少なからず供養に訪れたいものです

       


      しかし現代ではお住いの場所が遠く離れてしまっていたり、ご親戚なども遠方で離れてしまっていて誰もお墓にいけない、ご家族がご高齢になられてしまってなかなか外へ出ることが難しかったり、急なケガ・病気などによって今回は供養にいけない、夫婦共働きなどでなかなか時間がとれない、小さい子どもがいて手が放せない、など様々な理由からどうしても墓前を訪れることができない・難しいという方が増えています


      その結果、いまニーズを得ているのがお墓参りの代行サービスなのです

       

      はじめてお墓参り代行のことを知ったという方は、どこかバチ辺りな気になっていらっしゃる方もいると思います
      「見ず知らずの親戚でもない人にお墓参りを任せるなんて…」

       

      しかしそもそも、お墓参りにいけない、ご先祖様の供養にもいけず、お墓を放置にし、雑草がぼうぼう、墓石も汚れているような荒れ果てた状態では供養の心もなにもありません


      また、親戚やご近所の方などがそのお墓を見た際に荒れ放題の様子をみてどのような印象をうけるでしょうか
      放置したままではそういった世間的なマイナスイメージをもたれてしまう事にもなりかねない事柄です

      その為、自分自身はもちろん供養の心をもって、代わりにこういった業者さんに依頼して掃除と供養をお願いする人が増えているのです

       


      この代行業は今では広く認知され、各地で多くの業者さんが存在します

       

      ご家族に代わって、代行業者がお墓を訪れ、お墓の清掃やお供え、供養を行います

      代行業者さんは依頼者の代わりにお墓参りへ出向き、ご親族に代わってお墓の清掃と墓前での供養をしてくれます


      具体的には、お墓周りの雑草駆除と清掃、墓石をきれいに磨く、そしてその状態を依頼者へ伝える為に写真を撮り、お花とお線香、お供え物をして手を合わせます

       

      その業者によっても細かくプランや料金が異なり、格安でアルバイトさんが行う場合や、専門の業者さんが墓石のクリーニングや汚れ・雨水から守るコーティングを施してくれるプランなどもあります
      やはり徹底的に洗浄を行い、できる限り墓石をピカピカにしたいのであればそれなりの料金をお支払いしてプロの業者さんへ依頼するのが賢明でしょう

       

      そのニーズの高まりから各地にたくさんの墓参り代行業者さんが増えてきましたが、その差は大きく、やはりいい加減な業者さんも中にはあるようですので、きちんと信頼できる業者さんを厳選して依頼したいものです
       

      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ランキング


      ブログ王ランキングに参加中!
      ランキング参加中
      人気ブログランキング
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM